スマートフォン版サイト

ビデオライブラリー

プロモーション

ダイアグノデント ペン

2018年4月、診療報酬改定に伴い、エナメル質 初期う蝕管理加算 260点と、フッ化物 歯面塗布処置 130点に対し、光学式 う蝕検出装置 「ダイアグノデントペン」を使用した場合でも、条件付きで算定できるようになりました。

ダイアグノデントペンはレーザー光で細菌の代謝排泄物の量を測定し、これを数値化することにより、菌の活動性を視覚的に表示しています。

近年、患者さんより 歯を なるべく削らないこと、削る場合はご納得いただける説明が求められるようになりました。

先生が日常的に使われる C0~C4の 診断基準は、患者さんにとって、どのくらい「悪い」のか伝わりにくいと思います。

日頃慣れ親しんでいる「数値」を点数と捉えて頂くことで、「もう1点下げよう」 など、患者さんのモチベーションアップの指標にもなり、説明し易くなります。

ダイアグノデントペンは患者さんのための製品と言ってもよいのではないでしょうか。

カリエス治療にはダイアグノデントペンによる診査・診断をおすすめします。

先生が日常的に使われる C0~C4の 診断基準は、患者さんにとって、どのくらい「悪い」のか伝わりにくいと思います。
日頃慣れ親しんでいる「数値」を点数と捉えて頂くことで、「もう1点下げよう」 など、患者さんのモチベーションアップの指標にもなり、説明し易くなります。
ダイアグノデントペンは患者さんのための製品と言ってもよいのではないでしょうか。

カリエス治療にはダイアグノデントペンによる診査・診断をおすすめします。

カテゴリー